切開法と埋没法のどちらが良いか

二重整形の失敗例

二重整形の失敗とはその名の通り、何らかのトラブルで二重整形手術が正しく行われず修正がほぼ不可能な美映えが悪い状態へと仕上げられたことを言います。失敗はその手術が患者に合わなかったり、医師による技量不足が主な原因です。
失敗手術を施された患者は今後もその目元で生きていくことは当然であり、きれいな二重にしてもらうはずが手術前よりも見栄えが悪い状態になってしまった患者の精神ストレスは尋常な物ではなく、再度二重整形手術を行う気力もなくなった患者は自宅に引きこもることもあるのです。こうなってしまっては手術どころの話ではなくなり精神科の領分になってしまうのですが、当然このような手術を施した医師は起訴されることもあります。美容手術での失敗自体が起訴にしにくい事例であり、裁判では自身の容姿の事を事細かく言われるうえに、手術失敗で傷ついているこちら側の傷口にさらなる塩を塗り込む形となるので実際には起訴をしない、または勝てないといった事例が多いのです。
それだけ二重手術は完ぺきではないことを頭に入れておき、失敗の可能性もある一種のギャンブルのようなものだと認識しておかなければなりません。世の中には二重整形手術の失敗を繰り返す悪徳クリニックなるものも存在し、そのようなクリニック損害賠償を請求しても示談に応じず、裁判を起こしてみろ開き直る所もあるので事前のクリニックのチェックは欠かせません。

二重手術を失敗しないために気を付けること

二重整形手術には大きく分けて3つの手術方法が存在します。メスで切開し二重を形成する「切開法」、糸で瞼を縫合し二重を形成する「埋没法」メスも糸も使用し手術を行う「半切開法」が存在し、それぞれに失敗のリスクが存在します。
失敗のリスクは瞼を切開する切開法が一番高いとされており、この方法で失敗してしまうと埋没法のように糸をほどいて元に戻すといった修正が聞かないので、自分の要望を事前に医師に伝えておくことが重要となってきます。手術失敗の例として、左右の二重の感覚が定まっていないという事例が良く挙げられます。人の顔が左右が対照になっているほどきれいとみられがちであり、左右非対称になっている二重では患者が不満に思ってしまうことも当たり前であり十分に失敗例として意思を起訴できる事柄です。
特に切開法では手術での傷跡が目立つ位置に大きくあることや、上記のような失敗は取り返しのつかないことに発展してしまうのです。その他にも瞼がこわばって目を閉じられなかったり、視力に何かしらの異常が出るなど今後の一生に大きく作用する障害が発生したときに困るのは自分なのです。このような失敗に合わないためも医師選びは厳重に行い、信頼に足る医師探しが重要な要素となるのです。

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月25日
コンプレックスを克服するためにを更新。
2017年08月25日
切開法と埋没法のどちらが良いかを更新。
2017年08月25日
欲張りすぎはリスクを伴うを更新。
2017年08月25日
イメージ通りの二重にしてくれるクリニックの選び方を更新。

カレンダー

2018年5月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031