美容整形のトラブル

もし二重整形に失敗したら

まず、二重整形には糸を通して二重を作る埋没法といわれる手術と、メスを使用して二重を作る切開法があります。その中でも、埋没法であれば三点止めや二点止めであったり、切開法であれば部分切開か全切開法といった施術法がありますが、いずれにせよ切開法の方が強度が強いので、二重が取れにくいといったメリットがありますが、その分ダウンタイムが長いこと、さらに費用がかかってしまうこと、そしてもとには戻せないといったことがデメリットとしてあげられます。
二重整形にも保証期間はもちろんあります。しかし、もし失敗してしまった場合、同じクリニックに行こうと思いますか?もちろんそれがいけないという訳ではありませんが、人それぞれ失敗だと思う価値観はあります。もとの目に左右差があり、二重整形で治ると思っていたものがそのまま反映されてしまい、結局左右差がひどいままという方も少なくはありません。しかしそのクリニックもしっかり施術を行ったうえでのことなので、保証期間に二重整形をやり直しに行ったからといって必ずしもあなたが思っている失敗を治すことが出来るわけではないのです。
その場合、無料カウンセリングを行っている他の美容サロンにカウンセリングをしに行くのもひとつの手だと言えます。やっと行った二重整形は、妥協したままで終わりたくないですよね。二重整形の修正を歓迎しているようなクリニックもたくさんありますので、インターネットで評価や口コミを見てからぜひそのクリニックに行ってみてください。

二重整形の失敗を恐れている方に

長年コンプレックスであったこの目をぱっちり二重にしたいけど、もし失敗されてしまったらどうしようとお悩みの方は多いのではないでしょうか。二重整形は決して安い金額で気軽に行えるものではありません。もちろんリスクがある事は確かですが、現代の二重整形は最新の技術で行われていることをご存知でしょうか?さらに、二重整形に失敗しないための情報をご紹介します。
まず、二重整形の失敗というのにも様々あります。明らかな医師による失敗か、あなたが理想の二重にならなかったという失敗かという二択になるでしょう。後者の理想の二重にならなかったというところに、並行二重にしたかったのに末広二重になった、といった事例がよくみられます。どうしてそういった事例が多いのでしょうか。
日本人の目は、目頭に蒙古ヒダというものがあります。違ってアメリカ人などの目はこの蒙古ヒダがありません。この蒙古ヒダがあるかないかの違いで、綺麗な並行二重か末広二重になるかというところが関わってきます。蒙古ヒダは目頭切開をしなければ取ることはできません。
蒙古ヒダがあるのに無理やり並行二重にすると不自然になり、場合によってはすぐに二重がとれてしまうといったこともあります。そうなれば、二重整形に失敗したのではないか?と思ってしまいますが、その場合は仕方のないことなのです。なので、あなたの目に合った最適な二重整形を行うことを最もオススメします。

当院で施術された沢山のお客様の声をHPにて掲載させて頂いております。 スタッフ一同お客様との信頼関係を何よりも大切にし日々の努力を惜しみません。 理想の追求と共にストレスの少ない施術を感じて頂けます。 施術後に仕上がりを確認して頂いて、何かあればその場で対応していくことが可能です。 高濃度ビタミンC点滴で女性に必要である様々な美容効果を感じて下さい。 二重整形で失敗しないためには

カテゴリ

新着記事リスト

2017年08月25日
コンプレックスを克服するためにを更新。
2017年08月25日
切開法と埋没法のどちらが良いかを更新。
2017年08月25日
欲張りすぎはリスクを伴うを更新。
2017年08月25日
イメージ通りの二重にしてくれるクリニックの選び方を更新。

カレンダー

2018年7月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031